真実の頭の中
*
ホーム > FX > どれほどプラスに出来るか

どれほどプラスに出来るか

FX投資の経験がない方がマーケットの大切なところを押さえるには初めにトレードを積む事が不可欠です。

 

とりわけ、未然に危険性を察知できるようになるためには、ミスを積み重ねることも経験のひとつです。

 

当然、マイナスになるといっても、立ち上がれなくなるほど致命的なミスをしてはいけません。

 

小さいケアレスミスを何度か積み重ねることが結果的に自分のレベルを上げてくれるはずです。

 

こう考えるととりあえずは少額で投資して、これによって何度か簡単な損をすることを推奨します。

 

例えとして、100万円しか投資する余裕が無い状況で、よく考えずに少しも残さないで使って注文するとマイナスになった時、今後再起できなくなってしまう危険性があります。

 

そのため、たとえば10万円ずつ分割してエントリーしてこれで失敗や成功を繰り返したほうが、段々と負けを埋め合わせる方策なども学んでいくはずです。

 

まずはじめに小さな額で投資することの価値は、前述したように、経験値を増やし負けを制御する方策を身に付けていく事にありますが一緒に、取引の回数を多くして、危険を削減できるという良いところもあります。

 

一例として、1回あたりの売り買いで勝てる確率が5割だと考えます。

 

言い換えると、同じく5割の確率で損が生じるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の可能性で勝利できる事を意味しています。

 

だが、全ての資金を賭けて勝負をするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになります。

 

これは1度だけの丁半バクチと同じ。

 

すなわち、全ての財産を投じて1度だけしか勝負しないとそれだけ損失が生じる比率が高まってしまいます。

 

それだけに、お金を全て投じるのではなく、何度かに分けて投資回数を重ねる事がリスクコントロールとなります。

 

ただいくつかに分けたとしてもすべてに稼ぐ事は大事ではありません。

全て勝つことは出来ないのが実際のところです。

 

取引で不可欠なのは勝った回数ではなく、どれほどプラスに出来るかです。

勝ち負けが同じでも、たとえ5割以下でも稼ぐ事は出来ます。

 

それ以上負けても損失が小さければ、3割の勝ちの利益で上手に儲けられます。

 

それには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を肝に銘じる事です。

 

損したら直ちにロスカットして、反対に勝った場面では上手く稼ぐ事が、外為取引をはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引で儲ける方法です。

 


関連記事

どれほどプラスに出来るか
FX投資の経験がない方がマーケットの大切なところを押さえるには初めにトレードを積...
テスト
テスト記事です。...